群馬県のシステム開発・ソフトウェア開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)にお任せください。
また、システム開発・ソフトウェア開発向け人材派遣も行っております。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ChromeやFirefoxで間違えてタブを閉じてしまったら | main | Google Glassが開発者数千人に向け検証版を販売スタート >>
Appleが音声アシスタント「Siri」の音声データを最大2年間保存 - 米報道
0
    Siri for Japanese
    Siri for Japanese / Zengame

    ===
    米Appleが提供する音声アシスタント機能「Siri」では、ユーザーが同機能を利用した際の音声データを最大2年間保存するのだという。同件は米WIREDが4月19日(現地時間)に報じたもので、米Appleの広報担当者がコメントしたとしている。

    Siriは、iPhoneやiPadなどのiOS端末で利用できる音声アシスタント機能。ユーザーが内蔵マイクを使って話しかけるだけで、メッセージ送信したり、電話をかけたり、スポーツ試合の結果確認することができる。

    今回のWIREDの報道は、Siriでは、最大2年間ユーザーから収集した音声データを匿名で保存しているというもの。同誌が4月18日に掲載した、Siriのプライバシーポリシーに関する記事に対し、米Apple・広報担当のTrudy Muller氏が回答した、といった内容が報じられている。4月18日の記事では、Siriのプライバシーポリシーが明確ではないことが指摘されていた。

    Apple広報担当者の回答の内容は、Siri自体を改善するために音声クリップを収集しており、データは匿名化されているといったもの。同社では、各ユーザーに乱数列を割り当て、取得した音声クリップを関連付けて管理。6カ月経つと関連付けられた番号を削除し、テストと製品改良を目的に18カ月保存するとしている。広報担当者はこのほか、ユーザーがSiriをオフにすることで、これらのデータがすぐに削除されると説明している。
    ===
    (via.マイナビニュース

    Siriにはよく天気予報を聞いたりしますが、電話は思わぬ人にかかってしまったりします。笑
    COMMENT