群馬県のシステム開発・ソフトウェア開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)にお任せください。
また、システム開発・ソフトウェア開発向け人材派遣も行っております。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Facebookで友達削除されたら「もう会いたくない」4割---米大学の調査 | main | 近未来的な流線型のデザインに/新体育館 >>
AppleのSpaceship
0
    Appleの新社屋がものすごいようなので、写真を紹介します。
    Campus 2通称Spaceship。

    近未来映画みたいです。

    ----
    アップルが計画中の新社屋 Apple Campus 2、通称「マザーシップ」(または「スペースシップ」) の完成予想CGを公開しました。地元クパチーノ市に提出した建築プランの一部で、4階建てリング状の社屋がほとんど架空建築アートの佇まいをみせています。

    新社屋はアップルが2006年と2010年に購入した土地に建てられる予定。ジョブズCEOは6月にクパチーノ市議会でのプレゼンで詳細を明らかにしています。そちらによれば:
    設計は建築家 Norman Foster 率いるロンドン Foster + Partners。
    " マザーシップ " は地上4階。収容人数1万2000人。
    外装は各国のアップルストアとおなじくガラス。「すべてが曲線で、平らなガラスはどこにもない」(ジョブズ)
    現在は多数の建物と駐車場が散在している状態を、ひとつの巨大オフィス (と少数の付随施設)に集約する。
    ひとつの巨大オフィスに集約することで建物間の移動を省き、異種のチームを集めて業務の効率化を進めるとともに、セキュリティの観点から外部とのアクセスポイントを減らす。
    駐車スペースは大部分を地下に置き、別に4階建ての駐車棟を設置することで、地上の駐車場を90%減らす。
    建物と駐車場の占める面積は敷地の8割から2割へ。リング中央の中庭も含めて緑を増やし、木は3700本から6000本へ。
    天然ガスなど環境負荷の低い発電センターで消費電力の大部分を賄う。市の送電網はバックアップとして用いる。
    などなど。順調に進めば、アップルは2015年には新社屋に移る計画です。
    ----
    (via.engadget)





    COMMENT