群馬県のシステム開発・ソフトウェア開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)にお任せください。
また、システム開発・ソフトウェア開発向け人材派遣も行っております。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鯉の甘煮
0
    JUGEMテーマ:和食全般


    群馬県高崎市で、鯉や鰻の卸売り販売を行っております、
    「ヨコタ水産」様のホームページを製作中です。
    近日、こちらでも紹介いたします。

    その際の取材の様子を、数回にわたってお届けしております^^


    鯉の甘煮


    ヨコタ水産様では、現在の四代目100年続く歴史を誇っていますが、
    元々は自前の生簀で鯉をメインに扱っていたそうです。

    これは甘煮といって、鯉の内臓ごと砂糖・みりん・しょうゆで煮込んだものです。
    甘辛風味が好きな群馬県民にはもってこいのレシピですね。

    鯉料理は他にも、お刺身の「洗い」や、「鯉こく」が有名です。
    時にはから揚げにして食べるなど、様々な顔を見せてくれます。

    古くは「母乳がよく出る」などと言われて妊婦さんがよく召し上がるようです。
    鯉は良質のたんぱく質に、コラーゲンをたくさん含みます。
    しかも低カロリーなのでダイエット中の女性にもうれしいお料理かもしれませんね。

    機会がありましたら、是非ご賞味ください^^


    群馬県のシステム開発・ソフトウェア開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)にお任せください。
    群馬県の最高級ニジマス「ギンヒカリ」、ご存知ですか?
    0
      群馬県高崎市で、鯉や鰻の卸売り販売を行っております、
      「ヨコタ水産」様のホームページを製作中です。
      近日、こちらでも紹介いたします。

      その際の取材の様子を、数回にわたってお届けします^^

      今回は、群馬県で最高級ニジマスとされている、ギンヒカリをご紹介します。

      ギンヒカリ


      恥ずかしながら、私はギンヒカリという魚をこの取材で初めて知りました。
      10年の歳月をかけてニジマスを選抜育種し、平成14年には正式に商標登録された、群馬産のお魚です。

      群馬県でも”地産地消”の推奨商品として、アピールしているそうです。
      高級魚のため、スーパーなどで見かけることはまだありませんが、温泉旅館などでは重宝されています。

      私も先日、四万温泉に行った際、偶然お刺身を頂きました。
      川魚ですが、身は一見サーモンのように赤みを帯びていて、口に入れると確かに白身魚の味がするんですね。
      でも単なる白身魚ではなく、比較的甘めでとろけるような食感もあるんです。
      そのギャップが面白いなぁと思いました。

      お刺身としてはもちろんですが、マリネや中落ち、そしてフライなど、さまざまな料理に利用されているようですね。

      まだまだ一般には知名度が低いかなぁ・・・と思われますが、群馬の新しい名物として、
      草津・伊香保・四万をはじめとする温泉地とともに盛り上げていければよいですね。

      温泉地にご旅行の際はぜひお試しください^^

      群馬県システム開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)ホームページ
      ミネラルウォーター
      0
        弊社のお客様である、石田助産所様が赤ちゃんがいるお母さん達のために
        ミネラルウォータ「海洋深層水マハロ」をTELにて注文を受け付ける
        ことが決まった。
        今までは診察に来られたお母さん達へクチコミ等で販売を行っていたが
        昨今の水事情から困っているお母さんが大勢いるだろう!!とのことで
        今回踏み切った。在庫はまだまだ沢山あるとのこと。
        ホームページに内容が記載されている
        群馬県で母乳育児・母乳マッサージの相談なら「石田助産所」 
        エネルギーの有効利用?
        0
          弊社GSDのwebサイトにも書いてあります
          world community grid(以降wcg) についてです。

          wcgとは、小児ガンやエイズ等の病気を治すために研究しているが、
          その計算量がハンパなく多いので、一般の人を含めた世界中のPCを利用して
          計算してやろうっていうプロジェクトです。

          弊社もメンバーになっていまして、会社にあるパソコンのスクリーンセーバ代わりに計算を行っています。

          スクリーンセーバ代わりというのは、パソコンの電源は入っているが、使用していない状態の時ということです。
          そのPCアイドル状態時に計算を行い、計算が完了するとネットを介して計算結果を自動で送ります。我々はなにもしなくてOKです。

          wcgのメンバになる際に、計算に必要なシステムのダウンロードを促されます
          。そのシステムをダウンロードして、計算させたいPCにインストールすれば
          以上終了です。

          小児ガンの研究(ファイト!小児ガン)を千葉大と千葉がんセンターとで
          行っていて、その計算をwcgで取り扱っているニュースを見ました。

          自分も5歳の子供をもつ身なので、小児がんにかかっている子供達を少しでも助けられれば・・との気持ちから参加しました。